サークルプロフィール
作品一覧

-KURONEKO SOFT-
KURONEKO SOFT公式ページ

-Tkl Online-
Tkl Online公式ページ
・Tkl Online販売サイト Steam / DLSite

-Locus Solus-
Locus Solus公式ページ

 2015年02月

Conversation


Conversation

右クリックで移動。
NPCのテリトリーに入ると会話開始。
とりあえず、会話っぽいことが出来るようになった。

※追記
プレイヤー名を入力できるようにしてみた。

ニコ生


【生放送】Tkl online(Steam) 初見プレイ を開始しました。


ニコ生で実況してくださった方がいました。
ありがとうございます!

Message test


メッセージテスト
メッセージボックス内に
ドラクエ風にメッセージを表示するテスト。(SE無し)
文の途中で左クリックをすると残りを表示。

Porting Tkl Online to the Unity


TklOnline for Unity version
ロゴ~タイトル画面と、リンク先のみ。

タイルをドラッグ&ドロップ


Test_tile
久々にUnity日記。
ドラッグ&ドロップでマップチップが動くだけの物。

部屋の暖房機があまり効かず、凍えそうです。>_<

Unity Script(自分用メモ)


スクリプトからアニメーションの状態を取得する。

現在のステートマシンの状態を取得するにはAnimatorからAnimatorStateInfoオブジェクトを取得し、メソッドを通じて状態にアクセスする。

比較を行うにはステート名をハッシュに変換してから比較する必要がある。またステート名にはレイヤー名が含まれるので、記述の方法に注意する。デフォルトのレイヤー名はBaseとなりドットで区切ってステート名を記述する。

using UnityEngine;
using System.Collections;

public class RoboStateC : MonoBehaviour {

    // Update is called once per frame
    void Update () {
        AnimatorStateInfo state 
     =
GetComponent<Animator> ().GetCurrentAnimatorStateInfo (0);

    if (state.nameHash == Animator.StringToHash("Base Layer.Lose") ) { transform.localScale = new Vector3(0.5f, 0.5f, 0.5f); } else { transform.localScale = new Vector3(1f,1f,1f); } } }

ハッシュにしないでメソッドで確認する事もできる。
using UnityEngine;
using System.Collections;

public class RoboStateC : MonoBehaviour {

    // Update is called once per frame
    void Update () {
        AnimatorStateInfo state 
     = GetComponent<Animator> ().GetCurrentAnimatorStateInfo (0);

    if (state.IsName("Base Layer.Lose") ) { transform.localScale = new Vector3(0.5f, 0.5f, 0.5f); } else { transform.localScale = new Vector3(1f,1f,1f); } } }
http://qiita.com/yando/items/601e6fd35002e77ae9c8




GameObjectに付けられたScript を、一時的に外す。
<C#>

gameObject.GetComponent<UIButton>().enabled = false;




TextMesh.text
string text;
Description

画面に表示されるテキストを返す

using UnityEngine;
using System.Collections;
              public class Example : 
              MonoBehaviour {
    void Example() {
        GetComponent<TextMesh>().text = "Hello World";
    }
}
public class Chatplate : MonoBehaviour {
    TextMesh textMesh;

    void Start ()
    {
        // コンポーネントのキッシュ.
        textMesh = GetComponent<TextMesh>();
    }

    void Update ()
    {
        if (networkView.isMine)
        {
            if (textMesh.text != "")
            {
                //3Dテキストにテキストを入力
                textMesh.text = chattext;
            }
        }
    }
}




Transform.localScale

Vector3 localScale;

Description

親のTransformオブジェクトから見た相対的なオブジェクトの大きさ

using UnityEngine;
using System.Collections;

public class Example : MonoBehaviour { void Example() { transform.localScale += new Vector3(0.1F, 0, 0); } }



GameObject.SetActive
void SetActive(bool value);
Parameters

Description

ゲームオブジェクトを有効化/無効化します。

ゲームオブジェクトの親オブジェクトが無効であるために無効となる場合があることに留意して下さい。その場合、 SetActive() を呼び出ししても有効化されず、ゲームオブジェクトのローカルなステートがセットされ、 それは GameObject.activeSelf を使用することでチェックできます。このステートは次に全ての親オブジェクトが有効化されたときに 使用されます。 
using UnityEngine;
using System.Collections;

public class Example : MonoBehaviour { void Example() { gameObject.SetActive(false); } }

メッセージ

名前
メール
本文
  • RSS
  • Dlsite blog